中国史過去問解法(第2問-3回目)

こんばんは、学友館の阿部です。


さっそく選択肢の(2)を見てみましょう


【第2問】中国における最初の中央集権国家である秦について、次の1から5のうち、妥当なものを選べ。


(2)度量衡を統一し、均田制とこれに基づく租・庸・調の税制を確立した。



今回のポイントは均田制租・庸・調です。


解説の前に、「王朝の変遷+α」を学習しましょう。


────────────────────────

【王朝の変遷+α】


殷→周→漢→三国→晋→五胡十六国時代南北朝時代


隋→唐→宋→元→明→清→中


〔補強ポイント〕

五胡十六国時代:華北に侵入した五胡(匈奴・鮮卑などの異民族の総称)による13の国と漢族による3国が興亡した時代。鮮卑族の北魏によって統一される。


南北朝時代:北(北魏)と南(江南)に統一王朝が並立し対立した時代。隋による統一で終焉。


────────────────────────


それでは問題の解説です。


均田制は五胡十六国時代を統一した北魏の孝文帝によってつくられた土地制度で、隋・唐にも引き継がれます


日本もこの均田制を参考にして班田収授法を実施します。


孝文帝は、均田制のほかに鮮卑語・胡服を禁止などの漢化政策で有名な皇帝です。



均田制に基づいて租庸調制という税制が確立するのはであります。


そうです、あの聖徳太子が遣隋使を送った隋です。



以上のように、均田制は五胡十六国時代租庸調制は隋ですから、秦についての記述ということでは「×」となります。


学友館は本日で年内の業務がすべて終了しましたが、ブログは年内まだまだ更新していきます。


どうぞご期待ください。


最後にお願いが一つ!



当ブログ応援のワン・クリックお願いします。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ 学習塾ブログランキング

中国史過去問解法(第2問-1回目)

こんにちは、学友館の阿部です。


本日から中国史過去問解法(第2問)「秦王朝」に入りたいと思います。


中国は秦の始皇帝により紀元前221年に初めて統一されました。


簡単に「統一」と申しましたが、統一するまでよりも統一後のほうが実は大変なんです。


地方それぞれにある文字・単位・風習・思想…の統一、広大な領土の運営、異民族との戦いなど思いつくだけでもかなりの量になります。


では、問題を見てみましょう。



【第2問】中国における最初の中央集権国家である秦について、次の1から5のうち、妥当なものを選べ。


(1)郡県制を全国に実施したほか、官制を整え、役人の採用に科挙制度を取り入れた。


(2)度量衡を統一し、均田制とこれに基づく租・庸・調の税制を確立した。


(3)北方で優勢であった女真族の侵入を防ぐために万里の長城を完成させた。


(4)法家の思想を重んじて法治主義による徹底した中央集権政治を行い、焚書坑儒で思想の統制を図った。


(5)貨幣や文化を統一し、紙が発明されて広く使われるようになった。



今回を入れて、年内全6回で解説します。


どれが正解か考えておいてください。

 

ではでは。

中国史過去問解法(第1問-6回目)

こんにちは、いよいよ本日で中国史過去問解法(第1問)の最終日です。


今回の内容は「三国志」。


三国志に詳しい人には物足りない選択肢ですが、公務員試験で問われるレベルは全体的にこの程度です。


ですから、以前申したように、「広く、広く、広く、浅く」が世界史の学習の基本となります。


では問題へ。



(5) 後漢が紅巾の乱で滅んだ後、中国は魏・呉・蜀に分かれて争う三国時代に入ったが、蜀の劉備が諸葛亮などの助けを得て、中国を統一し、晋を建てた。


今回のポイントは2点です。



◇1点目 「紅巾の乱」


後漢末に太平道の長角の扇動により184年に起こった農民反乱は「紅巾」ではなく「黄巾の乱」です。


黄色い「黄巾の乱」によって、各地の武将が自立し、後漢は滅亡へと向かっていきます


ちなみに紅い「紅巾の乱」は、元朝の末期(1351年)に起きた白蓮教徒を中心とした農民反乱です。


この「紅巾の乱」に参加した朱元璋が明を建国し初代皇帝洪武帝となります。


どちらも「こうきんのらん」と読みます。

同じ読みの用語を入れ替えた典型的な問題です。



◇2点目 三国時代の結末


黄巾の乱後、赤壁の戦い(208)の経て、220年に曹操の子の曹丕が後漢の皇帝から帝位を禅譲され華北でを建国します。


続いて劉備孫権を建国することにより三国時代が到来します。


関羽・張飛などの五虎将軍(五虎大将)や軍師諸葛亮のサポートがあった劉備が人気がありますが、魏・呉・蜀の三国の中で一番最初に滅んだのはなんです。


その後、魏の将軍であった司馬炎が禅譲という形式のもとで国を奪い(西晋)を建国します。


その晋が呉を滅ぼして三国時代が終わります。



な、なんと三国志の結末は、魏・呉・蜀の三国のどの国でもなく、魏の軍師司馬懿の孫司馬炎が起こした晋により統一されたんです!


では、これで中国史過去問解法(第1問)は終了です。


もちろん、第2問・第3問…と継続していきます。


こまめにチェックしてくださいね。


ではでは、阿部倖己。

プロフィール

学友館教育ネット

Author:学友館教育ネット
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR