部首の話をしましょう

学友館の菊池です。


突然ですが、問題。



次の漢字の部首を答えなさい。




①問


②関


③聞











正解は




全て、「もんがまえ」






ではありません。









①くち



②もんがまえ



③みみ





です。






何なんだ、いったい・・・。



と思いますね。





11月5日に漢字検定を受験する受講生がいるので、ワタクシも少々漢字の勉強をしているのですが、


部首はややこしい。



まあ、漢字の意味とつながりの強い部分が部首なんだろうなぁ、と漠然と思ったりするのですが、単純にそれでは終わらないですね。要は覚えるしかないのですが、部首は覚える量も半端ない!漢字検定3級レベルだと、さっきみたいなひっかけも出ますが、本当に素直な問題も出ます、「秋」の部首「のぎへん」とか。




さっき出てきた「くち」ですが、「商」なんかも「くち」が部首ですね。

商売をするときは「うまく口を使って」ということでしょうかね。


「歌」という字も、口を使うから「くち」が部首なのかな、と思ったら「欠」が部首ですね。


読み方は「かける」または「あくび」です。

「かける」だったらわかりづらいですが、「あくび」だったら「歌う時もあくびのように大きく口を開けるからかな」と想像がつきます。こじつけっぽいですけれどもね・・・。


ちなみに「哥」(これも「うたう」と読みます)の部首は「くち」ですね。



ちょっとした漢字のお話でございました。

プロフィール

学友館教育ネット

Author:学友館教育ネット
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR