個人ブログ閉鎖に伴い…移植ですパート2


Gakuyuukan Education Net Blog


秋の味覚『秋刀魚」は太平洋側の寒流である親潮にのって日本近海で収獲されます。

最近は、移動・保存の技術革新によって南下する前に漁をすることができるようになり、何もかも値上がりしているなかで、『秋刀魚』だけが昨年よりも安く鮮度の良いものが多く出回っているそうです。

そこで、本日は安くておいしい旬の魚である秋刀魚を使った「なめろう」の作り方をご紹介したいと思います。

「なめろう」とは秋刀魚で作るネギトロだとイメージするとよいと思います。

【材料】
◇秋刀魚
思いのほか少なくなるので、刺身でも食べれるものを少し多めに用意してください。初めての方は、スーパーで売っている刺身を用意すると簡単に調理できます。また刺身として卸しているものは夕方以降に割引になる場合があるのでねらい目です。

◇ねぎ
これも結構必要です。私は秋刀魚3尾に対して1本くらい使っています。

◇白みそ
小さじ一杯くらい。完成品を食べたとき、みそを使っているかなという程度でいいとおもいますがお好みで。

◇しょうが
生臭いのが苦手という人は多めに入れるとよいでしょう。刺身に加工しているものを購入した場合、私の場合は付属のしょうがは全部使います。

◇しょうゆ
小さじ一杯くらい。味付け程度。

【作り方】
(1)秋刀魚をできるだけ小さく切る。
(2)ねぎを細かく切る。
(3)秋刀魚とねぎを混ぜ、包丁でたたいていく。
(4)たたきながら、調味料を混ぜ合わせる。
(5)お好みでたたくのをやめる。

私の場合は、あまりたたきすぎないにしています。イメージでいうと、ネギトロとアジのたたきの中間くらいです。

【食べ方】
◇しょうゆをつけて、刺身のように食べる。
◇ご飯のうえにのせ、しょうゆをかけて「なめろう丼」にする。 などなど

【効 果】
◇男が料理をすると家族が喜ぶ。
◇簡単な料理なので子供といっしょにつくることができ、コミュニケーションの向上につながる。
◇喜んでくれたり、ほめられるとストレスが解消されたり、やる気が出たりする。


最後に【注意事項】です。
料理をやりっぱなしにするのではなく、後片付けもしましょう。

ではでは。


2008年10月8日 阿部倖己ブログより

プロフィール

学友館教育ネット

Author:学友館教育ネット
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR