FC2ブログ

薩摩藩の教え

こんにちは、学友館の阿部です。


12月は身内に不幸から始まり、ある私立高校とお話をする機会をいただいたり、もちろん冬期講習会(開講中)の準備があったりと、まさに師走状態でしたべーっだ!


そんな中、数少ない休みを利用して先日、鹿児島へ視察(旅行!)に行ってきました。


北海道内はくまなく調査をしていますが、道外となると仕事上、なかなか足を運ぶことができないので、すべてがとても新鮮で、よい刺激を受けて帰ってきました。


と、いうことで学習から遊びまで、何回かに分けて阿部の「鹿児島視察録」をまとめて行きたいと思います。


今回は薩摩藩の教えについてお話していきます。


情報を収集した場所は「維新ふるさと館http://www.ishinfurusatokan.info/index.html


鹿児島中央駅から徒歩8分と交通の便もとても良いところで、入場料がなんと300円!!


時間の関係上、全部を見ることができなかったのですが、


地下1階の「維新体感ホールhttp://www.ishinfurusatokan.info/facilities/b1f_01.html

でロボットや大画面で上演された「維新への道」は鹿児島へ行ったらぜひおすすめします。


その中のエピソードを1つ。


幕末の四賢侯の一人薩摩藩第11代藩主島津斉彬は幕末の政局に対応するためには人材育成が必要であると考え、「年功の者が年下に教える」というのを根本として人材育成を図ったそうです。


簡単に言えば、父が子に教え、兄が弟に教える。


そうすることにより、知識が伝授されるだけではなく、目下の者からも尊敬を得ることができるというのです。


また、薩摩藩には3つの教えがあります。


負けるな

嘘をつくな

弱い者いじめをするな


私は「勝て!!」ではないところに大きな感動を得ました。


私の住む札幌よりも人口の少ない鹿児島県で、公立の鶴丸高校や私立の鹿児島ラサールなど東大・京大をはじめとする難関大学への進学率が高い高校が存在するのも、もしかしたら薩摩藩以来の伝統なのかなと思いました。


ではでは、阿部でした。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

学友館教育ネット

Author:学友館教育ネット
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR