FC2ブログ

鹿児島視察録(2)

今年もよろしくお願いします晴れ


学友館の阿部です。


今年最初の記事は鹿児島視察録第2弾「大久保利通」です。


鹿児島には西郷さんの像はやたらとありまして、我々からすると当然、城山の西郷さんだと思いきや、


どこの西郷さん?」って聞かれるくらいです!?


Gakuyuukan Education Net Blog

一般的な「利」の大久保「情」の西郷という分け方をすれば、当然西郷さんの方が人気がありそうですが、大久保利通という人間は知れば知るほど大きな人間で個人的には大久保利通に感銘を受けて帰ってきました。


大久保利通は、学校で学習する通り、暗殺される1878年まで大久保政権と言っていいほど維新改革に全力を尽くします。


彼が暗殺されたときには、手持ちのお金が現在でいう100万円程度で、借金が1億何千万とあったそうです。


しかも個人的借金ではなく、財政基盤が弱い明治新政府に代わって被った借金だというのだから驚きです。


大久保は故郷鹿児島のことだけを考えていたのではなく、「日本」全体を考えていたため、情が薄い人間と思われたのかもしれませんね。


幕末から明治にかけて、時代の転換期を華やかに駆け抜けた坂本竜馬や高杉晋作、西郷隆盛の陰に大久保利通のような「漢」がいたからこそ、現在の日本があるのかもしれません。


阿部でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

学友館教育ネット

Author:学友館教育ネット
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR